2008年08月31日

船でドラゴン級タチウオを狙え!

久々にに乗りました!
嫁父ちゃんのお誘いで今が旬の太刀魚を狙ってきました〜ダッシュ(走り出すさま)

天気は雨しかし海上は穏やかでしたわーい(嬉しい顔)

泉佐野食品コンビナートより出港し淡路沖に向かいますダッシュ(走り出すさま)

40分ほど走り、淡路島の巨大観音様明石海峡大橋の見えるポイントで船の速度が落ちます

周辺には沢山のタチウオ&ルアー船団が見られます
H20.8.30タチウオ4.JPG

あいにくの雨ですでに服はビショビショです・・・

水深60m付近で船を止めタチウオ釣りのスタートですダッシュ(走り出すさま)

仕掛けは最近ハマっている引き釣りと同じタチウオテンヤを使用します!
ただし、大きさが全然違います目

なんと50号あせあせ(飛び散る汗)
H20.8.30タチウオ5.JPG
めっちゃデカイ・・・

釣り方はテンヤを底まで落としてゆっくり巻き上げるだけなので難しくないんですが、「タチウオにエサを如何に見つけてもらうか!」が重要なようで「シャクリやリールを巻く速度でアピールする事が大事!」
船長の説明がありました!

要は波止からの横の釣りが、沖釣りの場合は縦の釣りになったと思えばいいようですわーい(嬉しい顔)

それでは実釣でするんるん

テンヤが底に「ストン!」と着いたら巻き上げ開始ダッシュ(走り出すさま)

ゆっくり5回転リールを巻いたら2回大きくシャクりますあせあせ(飛び散る汗)

数投繰り返していると周りで竿が曲がりだしまするんるん

まだ私の竿は曲がりません・・・

焦りますあせあせ(飛び散る汗)

遅れる事数十分・・・
リールを巻いていると「コンコン!」と竿先にアタリが・・・
無視してゆっくり巻き続けると「グイーン!」と竿先が海中に突き刺さりますわーい(嬉しい顔)
ここで大きく竿をあおると、肩の所で「ゴーン!」と竿が止まりますexclamation×2

波止とは抵抗が全然違います・・・
しかも50mはリールを巻かないといけません・・・
グイグイ抵抗して上がってきたのは、指4本サイズわーい(嬉しい顔)
さすが沖釣りでするんるん

船長アドバイスその2!
「当たったときのラインの色を覚えとく事!」

カウンター付や電動リールの方には関係ないですが、それ以外の場合タナの確認の為だそうです!

私の場合、紫の10mラインで底に着き次の黄色の10mラインで当たったので底から10m〜20mの間で当たった事になりますひらめき

次回の投入では黄色から紫に変わったくらいから巻きだすとスグにアタリが出ましたるんるん
確かに効率の良い釣り方になります!!

しばらく入れ食いが続きまするんるん

嫁父ちゃんも竿を曲げていまするんるん
子持ちの4本越えは大迫力ですexclamation

アタリの特徴!

・前アタリの後グイーン!と竿を持っていく!
・シャクった時にガツーン!と掛かる!
・テンヤの重みが無くなる食い上げ!
・シャクった後に仕掛けを止めておくと、いきなりガツーン!

以上のアタリを経験し今回は二人で20本!!
H20.8.30タチウオ6.JPG H20.8.30タチウオ2.JPG

腕がパンパンになり、本日は腕と肩が筋肉痛です・・・ 

≪釣果&お世話になった船!≫

H20.8.30タチウオ3.JPG H20.8.30タチウオ7.JPG

今回メジャーが無く測れませんでしたが、90cm〜100cm越え指4〜5本までの大型揃いで大満足でしたわーい(嬉しい顔) 

今回のドラゴン級タチウオをメジャーの変わりに娘でお楽しみください!
H20.8.30タチウオ.JPG

スーパーでも高く売られているタチウオ!
家族、ご近所さん他たくさんの人に喜ばれたお土産になりました!

機会があれば又行きたいタチウオの沖釣りでした〜るんるん
posted by teru at 23:30 | 大阪 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | Mission:沖釣り

2006年05月21日

Mission9〜小浜原発沖

2006年5月20日 またしてもダッシュ(走り出すさま)

雨と知りつつ向かった先は、小浜です。

今回は、同行者ありです。
同行者の奥様の実家におじゃましました。

て、先週に続き海の神様は微笑んだのか・・・たらーっ(汗)

5/20出船.JPG五時半に漁港に集合!
知り合いのおじさんが船を持っているので、今日はその方にお世話になりました。
の中、いざ出発!!

10分ほど船を走らせたところで、まずはアジ狙いexclamation

・・・アジ狙い30分経過!

雨・風共に機嫌悪しあせあせ(飛び散る汗)

簡単に釣れそうなアジでさえ1匹も釣れません。

今日はダメなのか・・・ 

船頭さんも苦笑い!たらーっ(汗)

釣れないまま、1時間ほど経過・・・

すると、雨と風が少しおさまって来ました。

船頭さんが「風がおさまったのでアジはやめて鯛狙いに沖に行こう」との事

向かった先は、小浜原発沖exclamation

風が少しやんだので、釣りやすくなりました。
第1投目・・・! 着底してから底をきるとすぐに今回のアタリ!

あまり大きくないが、ココンッ・ココンッ!と元気のいい引きで上がってきたのは、30cm弱のチャリコでした。
まずは、お土産Get!で一安心。

続いて、同行者にもアタリがあり25cm弱のガシラをGET!

ささやかながら共にボーズ脱出で低次元な喜びにひたっていたその時、ダッシュ(走り出すさま)

ジィィィッexclamation×2

リールのドラグが一気に走り、竿がしなります。
大物間違いなし、船上はこの戦いに釘付けです目。(と言っても船頭を含めて3人です。)
10分ほどの戦いの末、上がってきた魚の正体は・・・海の神様は誰に微笑んだのか! 続きはこちら・・・
posted by teru at 02:48 | 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | Mission:沖釣り

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。